中古マンション査定を受ける時の注意点

マンションは、新築であれ中古であれ、分譲の物件を購入したとしても、売却する機会が訪れることが多々あります。

新しいマンションへの住み替えや一戸建て住宅への住み替えなど、理由は様々です。

そして、住み替えるにあたっては現在住んでいるマンションを売却して、次の物件の購入資金に充てたり、今のマンションのローン返済に充てたりします。

そのため、売却時にはいかに高額で査定してもらうかが重要となってきます。

新築マンションであれば、築年数がかなり重要となってきます。

一方、中古マンション査定を受ける場合には、築年数もさることながら、増改築のしやすさや設備の充実具合も見られます。

そのため、今の汚れがどうこう、ということよりも、使い勝手の良さや拡張性をうまくアピールできるかどうかがポイントとなります。